読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とか映画とか

読書/映画/日常

暗黒女子

f:id:kino123p:20170221184125j:image

 読み終わりました。

 

※この記事はネタバレを含みます※

 

*あらすじ

f:id:kino123p:20170221184242j:image

(横着)

 

*登場人物

・白石いつみ…学院一の美少女、父親が学院の経営者でお嬢様。皆の憧れの的

・澄川小百合…いつみの幼馴染であり、親友

・二谷美礼…両親が離婚しており、家庭は裕福でないが成績優秀で奨学生として学院に通う

・小南あかね…老舗の料亭の娘。お菓子作りが得意で、部室で料理をしては部員達に振る舞う

・ディアナ・デチェヴァ…ブルガリアからの留学生。ブルガリアへホームステイに訪れたいつみに惹かれ日本へやって来る

・古賀園子…亡き父に憧れ、医師を志す優等生

・高岡志夜…現役の女子高生ライトノベル作家

 

これらの、亡くなったいつみも所属していた文学サークルのメンバーが、闇鍋をしながらいつみの死をテーマに書いた自作の小説を順番に朗読し合い物語は進んでいく。

 

一人ずつ小説を読み、それが一つの章になっているので、毎日一章ずつのんびり読んでいけばいいかーと軽く考えていましたが、二人目の小南あかねの小説を読み終えたときの矛盾。

 

皆が嘘を言っている。この状況で、早く事実を知りたいと思う気持ちはすぐに生まれた。

結局二章から最後まで、一気に読み終えた。

 

「全ての予想を裏切る黒い結末」とあるように、読み終わった後はダメージを受けるし、人によっては気持ち悪くもなるかもしれない。

 

こういった「どんでん返し」の物語を読むときに必ず行う、黒幕と結末の予想。

 

私が読み進めていく中で、いくつか予想した結末、その中に正解に近いものもあった。

しかし、その深さは私の予想を超えていった。

 

いつみがすずらん鍋で全員を殺す、そこで終わっていれば、あぁそういうことか……いつみは本当に計算高く恐ろしい人間だ、と終わっていたところ、更に親友である小百合が、いつみを殺してしまっていたとは。

 

それも、学院一の美少女であるいつみを妬んだりしたわけではなく、本当に彼女を認めていた故の、普通になってしまったことへの落胆。

 

腕時計、ヴィーナスの腕、、、この意味がわかったとき、本当にゾッとしました。

 

最後の最後を読んでいくうち、うわぁ……と何度思ったことか。笑

全てを知った上で、もう一度読み返してみたくなりました。

 

4/1のエイプリルフールに映画も公開されるそうです。きっと観に行く。楽しみです。